鶴岡雅義と東京ロマンチカ メンバー

鶴岡雅義
鶴岡雅義つるおかまさよし

古賀政男より作曲について学び、阿部保夫よりギターを学ぶ。昭和35年にラテングループ『トリオ・ロス・カバジェロス』を結成。昭和40年作曲家としてのデビュー曲「二人の世界」を発表。石原裕次郎が歌唱し大ヒット。昭和41年『鶴岡雅義と東京ロマンチカ』を結成。昭和42年からグループを基盤に「小樽のひとよ」「旅路のひとよ」「君は心の妻だから」を発表しいずれも大ヒットする。テレビでは「アップにも耐える顔」としてコントなどでも活躍。現在グループの活動と作曲家として活躍している。
三條正人
三條正人さんじょうまさと

昭和18年滋賀県大津市で生まれる。昭和38年法政大学在学中にコーラスグループを結成。プロ歌手としてダンスホールなどで活動を始める。昭和42年作曲家鶴岡雅義に誘われ、東京ロマンチカのリードヴォーカルとして向かい入れられ「小樽のひとよ」でレコードデビュー。大ヒットとなる。昭和43年「旅路のひと」では日本レコード大賞歌謡賞を受賞。『NHK紅白歌合戦』『夜のヒットスタジオ』などに出演。昭和48年には女優の香山美子と結婚。その後ソロ歌手としても活躍。平成15年にグループ復帰。
奥山浩章
奥山浩章おくやまこうしょう

福井県武生市出身。関西(京都、大阪)のクラブ「おそめ」 「祇園クラブ」 「ベラミ」 「ナンバー1」 などを中心にハワイアンバンド 『長尾裕二とラニアイランダース』 でウクレレヴォーカルを担当。のちに『山下洋活とファイブサウンズ』に参加。 クラウンレコードから 「恋ざめ」 「さすらい」 など三條正人とのWヴォーカルでデビューする。1968年『鶴岡雅義と東京ロマンチカ』 にファルセットヴォーカルとして入団。 『NHK紅白歌合戦』、 『 夜のヒットスタジオ 』 などに出演。
宮内ひろし
宮内ひろしみやうちひろし

9月15日愛媛県喜多郡内子町に生まれる。1973年歌謡コーラスグループ『宮内ひろし&ブルーシャンデリー』を結成。1981年ユピテルレコードよりデビュー。その後三條正人の演奏サポートなどを務め、 2012年1月より 『鶴岡雅義と東京ロマンチカ』 に参加。 ギター兼ヴォーカルとして活躍中。 またグループでの活動以外に作曲家としても活躍中。

鶴岡雅義と東京ロマンチカ プロフィール

  • 昭和41年 作曲家 鶴岡雅義が結成、三條正人をメインボーカルに迎える。
  • 昭和42年 「小樽のひとよ」でレコードデビュー、大ヒットとなる。 その後「旅路のひとよ」(S.43)では日本レコード大賞「歌唱賞」を受賞、「君は心の妻だから」(S.44)「北国の町」(S.44) 等 大ヒットが続きNHK「紅白歌合戦」には連続6回の出場を果たす。テレビ番組「夜のヒットスタジオ」では毎週レギュラー出演して茶の間の話題となる。
  • 昭和44年 ボーカル 浜名ヒロシ が加入する。
  • 昭和49年 三條正人「さだめ」でソロ歌手としてデビュー、浜名ヒロシがメインボーカルとなる。
  • 昭和53年 三條正人「北の都の物語」でグループに復帰。
  • 昭和57年 三條正人「あなたを待ちます」でソロ歌手として再デビュー。
  • 平成3年 TVCM「ミツカン-しゃぶしゃぶのたれ」、「山之内製薬-マキロン消毒液」、「DCカード-ギフトカード」、「宝島社」等に出演する。
  • 平成8年 「東京ロマンチカ結成30周年 記念公演」に 三條正人が 特別ゲストとして出演する。
  • 平成15年 三條正人 復帰、全国コンサートツアー始まる。